2013年05月21日

seesaaブログで、NINJA ANALYZEを利用する

seesaaさんでブログ借りといてなんですけど。
ちょっとアクセス解析があまりにも...。
あれなので...。

やはり、アクセス解析といえば、忍者ツールズさんをと。
まぁ、最初から忍者でブログ書けよというツッコミは無しで。


▽忍者ツールズ初期設定
http://www.ninja.co.jp/
まず、↑の忍者ツールズさんのサイトでメアドなどを入れて、
アカウントを作成しましょう。
広告有りでよければ無料なので、ご安心を。
アカウントを作成したら、ログインします。

ログイン後、ホーム画面で「NINJA ANALYZE」の「ツールを作成」をクリック。
・プラン
→無料版 ※広告の有無だけ?結構どうでもいい
・ツールの名前
→何でも良いので適当にどうぞ
・解析対象URL
→解析したい自分のブログのトップページのURLを入力。
・タイムゾーン
→ま、東京でいいよね。
・サイト属性
→一般 or アダルト ※自分のサイトにあった方を選択

画像に表示された文字を入力し、利用規約を読んで、
「利用規約に同意して次へ」ボタンを押します!


▽seesaaブログ設定
seesaaブログのホーム画面の「デザイン>PC>コンテンツ」
コンテンツ内の「自由形式」を、どこかページ内に設置し、内容を編集します。
編集と言っても、忍者ツールズの解析タグを貼り付けるだけです。

忍者ツールズの解析タグは、
NINJA ANALYZEのメニューから「管理メニュー>解析タグ確認」から取得できます。
これでおしまい。

「PC>コンテンツ」と同様に、「ケータイ」と「スマートフォン>コンテンツ」にも、
自由形式から、解析タグを貼り付けておきましょう。


忍者ツールズさんの解析は、日別とか、週間・月間の解析とか、
訪問者が辿った経路とか表示されたり、かなり本格的で、見てて楽しいですよ。






posted by あずお at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ/ハード関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

平沢唯ちゃんの目覚まし時計にボリュームつまみ付けてみた

平沢唯ちゃんの目覚まし時計をだいぶ前に買ったのですが。
あまりにもボリュームが大きいのでw
しかも音質があれなのでw
可変抵抗を付けてボリューム調整できるようにしてみました。

だってあれよ?
オレ、板の間に置いた携帯のバイブのヴーヴーだけでも起きれるのに、
こんな音量の目覚まし時計いらんわと。
ていうか\8,000-取っておいて、ボリュームないとかぼったくr...。

ここからは、あずおが実際にやった改造記録です。
参考にするのは構いませんが、真似して改造する場合は自己責任でお願いします。
また、裏蓋開けた時点でメーカー保証受けれなくなると思うのでご注意を。


mezamashi00.jpg
これです。

mezamashi01.jpg
とりあえず、裏蓋開けましょう。全てはそこから。

mezamashi02.jpg
うん、なんともちゃっちぃシンプルな作りですね!
中身空っぽです。分かりやすくてよかとです!

mezamashi03.jpg
↑今日買ってきたのは、これ!全部で\450くらいだったかな。
あと、リード線は必要ですので。

mezamashi04.jpg
少ない知識をフル動員。
とりあえず、スピーカーに伸びてるケーブルのどっちかに抵抗付けちゃえば、
流れる電流が減るハズだ!と。

mezamashi05.jpg
つうわけで、ハンダで元々付いてたケーブルを外し、
mezamashi06.jpg
こんな感じにハンダで付け直してみました。
そしたら、意外とちゃんとボリューム調節できてたw

という訳であとは、このツマミを外に出すという事で。
mezamashi07.jpg
こいつの出番です!
イイネ!そうです!電動ドリルです!
ドリルはやっぱたぎるよね!
mezamashi08.jpg
4mmの小さい穴から始めて、最終的に7mmの穴を開けることに成功!

mezamashi09.jpg
こんな感じで、開けた穴からツマミを出します。

mezamashi10.jpg
固定するような技術は無いので、ビニールテープで固定しました...。
今後の課題ですね...。

mezamashi11.jpg
出したツマミに、キャップを付けて、蓋を閉めれば完成!
全然、違和感ないねw

上出来じゃないでしょうか?
この可変抵抗の付け方が果たして電気的に問題がないかは若干怪しいですが...。


実は、この目覚まし、もう1点気に入らない部分があって...、
こいつライト付いてない上に、文字盤や針に蛍光塗料も塗ってないんですよ...。
だから、次は、スイッチ式のLEDライトでも付けてみたいすな。

...続く!かも。






posted by あずお at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ/ハード関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

LinkStationに、AndroidからWi-Fi経由でアクセスしてみる

あまりにも...。
Web経由のWebAccessAさんが...。
遅いのでw


Wi-Fi経由で、ホームネットワークを使って、
NASにアクセスする方法を探ってみた。
割りと簡単にできた。


ESファイルエクスプローラ
こいつを使います。
いやぁ、アンドロイドは、便利なツールが多くてすばらしひ。

このツールは、スマホ内にあるファイルやフォルダから、
各種サーバ上(NASやクラウドサービスなど)にあるファイルやフォルダまで、
閲覧・操作ができてしまうすばらしいソフト。
使ってみた感じも、なかなか好印象。

・設定
とりあえず、ダウンロード・インストールしてね。そこは割愛。
設定方法を紹介します。

まず、起動したら「ローカル」になってると思うので、
横にスライドして「LAN」にします。

ese00.jpg
んで、↑の検索ボタンをぽちっと。
Wi-Fi環境から、ネットワークサーバやら、共有フォルダを自動検索しますんで、
スキャン中は少々お待ち下さい。

ese01.jpg
↑こんな感じに色々見つかるので、
NASを長押しで選択して、適当な名前を付けちゃえばOK!

ese02.jpg
ほーら、録り貯めたアニメがいっぱーい!



▽AndroidでmpgやDivXとかの動画を再生
ついでなので、Androidから、色々なタイプの動画を再生するツールの紹介。
MX動画プレーヤー

この子、なかなかやり手です。
かなりのフォーマットに対応しています。
拡縮もできるし、アス比の変更も可能。
ESファイルエクスプローラから、NAS内の動画を、
Wi-Fi経由でストリーミング再生もできる。
もうこれで、動画再生に困ることは無いわ。






posted by あずお at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ/ハード関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

LinkStationに、Web経由でアクセスしてみる

ちょっと前に買ったNASを、もっと有効活用してみる。
DSC_0009.JPG
↑これね。

どうも、Web経由でアクセスができるらしい。
このLinkStationさんの設定方法と、
Android端末からのWeb経由アクセスの方法を調べてみた。


以下に、僕が調べて実際にやった手順書きます。
でも、このNASをWebからアクセスするということは、
セキュリティ上、なかなかに危険な行為でもあります。
重要な機密書類や、個人での鑑賞でのみ許されたデータなどが、
インターネットを通じて、他人からアクセスされる危険性があると言うことです。
この記事を参考に設定する方は、危険性を知った上で、
自己責任でお願いします。



▽NAS側の設定
まず、NASのWEB設定画面を開きます。
NAS Navigator2から、Web設定を開くことができます。
最近のこの手のツールは、何でもブラウザ上から設定できるんすよね。すごい。
linkstation00.jpg
「その他」タブの左端、「Webアクセス」をクリック。
とりあえず、「Webアクセス詳細設定」をクリックして、設定画面を開く。

linkstation01.jpg
・Webアクセス:「使用する」にチェック。
・HTTPS/SSL暗号化:「使用する」にチェック。(使用した方がセキュリティ上良いが、Android非対応らしい)
・BuffaloNAS.com 登録機能:「使用する」にチェック。
・BuffaloNAS.com ネーム:適当な名前。 (他の人が使っている物は使えないので、被らないような名前で)
・BuffaloNAS.com キー:パスワード。 (他の人は分からないようなパスを)
・その他DNSサービス ホスト名:使用しないので無視。
・ルーター自動設定機能 (UPnP):使用するにチェック。超便利。
・NAS内部ポート番号:デフォのままでOK。
・セッション排他:無操作時に、接続を切るかどうか。使用した方がセキュリティ上は良い。
・セッション有効時間(分):無操作状態が何分続いたら接続を切るか。

適当に設定して保存しましょう。

セキュリティ的にあんまよくないので、
フォルダアクセスは、「登録グループ/ユーザのみ」に設定しておきましょう。
アクセスしたい、共有フォルダの名称をクリック。
linkstation02.jpg
こんな感じで、「登録グループ/ユーザのみ」にします。

そんでユーザも登録します。
「ユーザ/グループ」タブをクリックし、「+ユーザの追加」をクリック。
linkstation03.jpg
とりあえず、ユーザー名と、パスワード入れれば、ユーザが作成できます。
このユーザでのみ、アクセスできるようになります。


▽Android端末側の設定
まず、BUFFALOさんの公式アプリをインストールします。
「WebAccess A」で検索すればすぐ出るでしょう。
アプリのインストール方法は省略します。
インストールしたら、アプリを起動しましょう。

メニューから、設定画面を開きます。
さっき設定したヤツを入力していきます。

名称:何でもOK。適当な名前を。
BuffaloNAS.comネーム:さっき設定したヤツ。
アイコン選択:何でもOK。
WebAccess URL:デフォで入ってるヤツでOK。
外部DNSサーバーを使用する:さっき使用しないに設定したので、チェックしない。
ログイン情報登録:セキュリティ上あんまよくないけど、毎回入れるのも面倒なので、僕はチェックしました。
ユーザ名:さっき追加したユーザ名。
パスワード登録:毎回入れるのも面倒なn...(略
パスワード:ユーザ追加した時のパスワードを入力。
自動ログイン:毎回入れr...(略


これで、スマホからNASにアクセスできるッ!!
ん、「BuffaloNAS.com キー」って結局なんだったんだ!?
調べてみたら、BuffaloNASネームの不正書き換え防止だそうで...。
うん、やっぱり、ユーザでアクセス制限しとかないとヤバイね。
できればMacアドレスで制限できたら良いんだけど...。
ぐぬぬ。


と、いうわけで、
このNASにアクセスするには、
「BuffaloNAS.comネーム」
「ユーザ名」
「パスワード」
の3つが必要です。
逆言えば、この3つがバレてしまうと大変なことになるので、
絶対にバレないように努めましょう。







ラベル:LinkStation NAS BUFFALO
posted by あずお at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ/ハード関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

seesaaブログで独自ドメインを使ってみる

ほんの数日前から、seesaaブログで独自ドメインを使っている訳ですが。
まぁ、これから独自ドメインでブログ始めたいと思ってる人の参考になれればな、と。
独自ドメインって割りとハードル高そうだし、
でも、かっこよくない?w
せっかくだし、独自ドメイン使いたいよね!


ってことで、まず、ドメインをもらってきましょう。
僕は、ムームードメインという所で取りました。
年間\600〜\2,000くらいかな?
一応、
***.co.jp : 日本企業
***.net : ネット関連
などなど、一応、意味を考えてドメイン取ると良いよ!
って.net取ったヤツが言ってみる。

まぁ、取得自体は簡単だと思うので割愛します。
取得したいドメイン(ウチの場合は、"vermillionheart.net")やら、
自分の登録情報やらを入れて取得します。
今回は、ムームードメインでドメインを取得した場合の設定方法を書いていきます。


取得できたら、「ネームサーバの設定」をします。
「コンパネ」から、ムームーID・ムームーパスワードを入れて、
ログインして下さい。

ログイン後、コンパネメニューの「ドメイン操作」>「ネームサーバ設定変更」をクリック。
取得したドメインが表示されるので、そのドメインの「ネームサーバ設定変更」ボタンをクリックします。

DNSは、seesaaさんは用意してくれてないので、ムームーDNSを使用します。
一番上の、「ムームードメインのネームサーバ(ムームーDNS)を使用する」にチェックし、
一番下の、「ネームサーバ設定変更」ボタンを押して、設定を確定します。

そして、レコードの登録をすれば、DNS設定は終了です。
コンパネメニューの「ドメイン操作」>「ムームーDNS」をクリック。
変更したいドメインの「変更」ボタンをクリックして、設定画面に入ります。
「設定2」とある部分で、レコードを登録できます。
seesaaは、CNAMEレコードしかダメなようなので、サブドメインの入力が必要です。
サブドメイン:www
種別:CNAME
内容:c.seesaa.net
で登録します。
seesaaのヘルプには、「c.seesaa.net.」って書いてあるんですが、
なぜか、最後の「.」付いてるとうまくいかないので「c.seesaa.net」で登録します。
これでDNS設定はおしまいです。

-----------------------------------------------
・DNSってなんぞ?
ここでちょっと解説。DNSサーバって何?と。
DNSサーバというのは、インターネット上での住所となる
「IPアドレス」と「ドメイン名」を結びつける役割をする物です。

え、ドメインに対して「c.seesaa.net」って登録したけど、
それIPアドレスじゃねぇじゃん、って思うかも知れませんが、
レコード種別によって登録の仕方が変わるんですよね。
Aレコードだと直接IPアドレスを指定するんですが、
今回使用したCNAMEレコードだと、ホスト名を指定して登録します。
そのホストから、IPアドレスへの変換は、seesaaさんが管理してくれます。
直接IPアドレスを指定されると、seesaaさんがお引っ越しとかして
IPアドレスが変わっちゃった時に、アクセスできなくなってしまうので、
CNAMEレコードのみ対応になっているのでしょう。おそらく。
-----------------------------------------------

最後に、seesaa側のFQDNを設定して終了です。
seesaaブログにログインし、「設定」>「詳細設定」>「独自ドメイン」をクリック。
「マッピングしているドメイン名のFQDN」に、先ほど取得し設定したドメインを、
記入して下さい。


これで、設定は全て終わりです。
ただ、DNS設定にはラグが若干あり、1日くらい掛かることもあるので、
設定が正しくされているのに、アクセスできない場合は、ちょっと時間をおいてみて下さい。






posted by あずお at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ/ハード関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。